2017.11.25 登録

  • サウナ歴 5年 4ヶ月
  • ホーム
  • 好きなサウナ 理想のサウナ。セッティングはドライで、テレビ無しかBGMあるとしてもインスト系。
  • プロフィール
絞り込み検索

地域

選択する

条件

選択する

キャバトイ

2019.06.30

1回目の訪問

星野温泉 トンボの湯

[ 長野県 ]

あの星野リゾートが手がける日帰り温泉。
サウナも、もちろん水風呂もあると知り大きめの期待を胸に抱き向かう。
その期待にしっかり応えてくれた。
内風呂から一旦外に出て、サウナへ。露天風呂の脇にサウナがある。

温度は80度ちょいでテレビ無し、BGMはインストの落ち着いた音楽。サウナマット使い放題。
この時点で私の基準では120点レベル。
水風呂も外にある。露天風呂内で、露天風呂とは岩で仕切られている。
温度は体感12,3度。(外気温推定19度)温度計はないが、中々に冷えている。
外気浴エリアはこれまた露天風呂の周囲にある。2人がけの木のベンチが5,6個ある。屋根付きのところもある。
2人がけだが広めに設計されており、窮屈さはない。
ちなみに洗い場も広い。

総合的に、星野リゾートの王者の余裕、風格のようなものを垣間見ることができる非常に良い日帰り温泉施設だと感じた。


以下、2019.7.1追記
アメニティだが、男女でとても差がある。
男湯のアメニティは綿棒しかない。
女湯はコットン、化粧水、乳液などあるとのこと(同行者談、また公式サイトにも記載あり)
この点だけは残念。普通の銭湯の男湯にも、アメニティがある時代なのに。要望出そうと思います。

#サウナ

#水風呂

#休憩スペース

続きを読む
29

キャバトイ

2019.02.09

1回目の訪問

上野ステーションホステル オリエンタル1

[ 東京都 ]

ZOZO社長の前澤さんに伝えたい。
サウナと水風呂があれば、地球にいながら宇宙にだって行けるってことを。

厳密には前澤さんが行きたいのは月だけど、それは一旦置いておこう。
SNSを休止して本業に集中している今の前澤さんにこそ、サウナと水風呂が必要なのではないか。
スマホから離れ、今後の経営、自らの目標、あるいはパートナーとのこと…
様々なことに思いを馳せるのにうってつけの環境ではないかと思う。
とかいってますが都内の豪邸にプライベートサウナと水風呂がすでにあったりして。

前置きが長くなりましたが、そんな状況に置かれている前澤さんにもすすめたくなる良いサウナでした。

まず、ロウリュウが最高でした。
一日数回行われるロウリュウ。そのうちの一回に参加。熱波師さんが1セットで10回ぐらいあおいでくれます。何回かに分けて計10回はありますが、1セット10回は初めて。
そしてその後は熱波師さんがドリンクを持ってきてくれます(風呂内に設置されているレモン水)。
おもてなし度が、すごい。

そして、コスパがすごい。
3時間800円。
近隣の北欧とプレジデントは3時間1000円。
たかが200円、されど200円。お財布にやさしい。

サウナはオートロウリュウもあり、ややウェットなセッティングに感じました。私は本当はドライなセッティングが好き。しかし、私は一瞬で掌を返し、“堕ちました”。これはこれでいいじゃないか!
特にロウリュウ後の上段はすごいです。体感120℃ぐらいありました。

水風呂に行きましょう。15℃台で、循環もしているのでいい感じ。その循環も強くはないので羽衣感も味わえます。アヒルのオモチャが置いてあり、浮かせて遊ぶこともできます。2セット目の水風呂ではアヒルを浮かせて、可視化された水風呂の水流をぼんやり眺めてしまった。グリーン上の芝目を読むように…。

休憩イスは2つ。外気浴はなし。しかし、15℃の水風呂の存在を忘れてはならない。きっとあなたは思うはずです。
「15℃の水風呂とキンキンに冷えたレモン水最高や!外気浴なんて最初からいらんかったんや!」
このサウナと水風呂のバランスを考えると外気浴は必要ないとも思える。全て揃えてればいいというものではないということを、オリエンタル1さんから知ることができました。

実は北欧が激混みだったので、極寒の中這々の体でたどり着いた。そこには予想を遥かに超えるクオリティがあった。
上野のサウナはまだまだ未知の魅力が詰まっている。

続きを読む
21

キャバトイ

2019.01.04

1回目の訪問

ザ・ベッド&スパ 所沢

[ 埼玉県 ]

#サウナ
身体が求めるサウナ。

「木の宝石」ケロ材を使ったサウナ室は、冷え切った身体を優しく包んでくれる。
90度弱のセッティングだが、体感温度はそれより低めに感じた。
高め、ドライのセッティングを好むので初めのうちはこんなものかと、少し疑ってしまった。
しかし、燻すように身体を暖めているうちに段々とケロ材の偉大さに身体が気付いていく。時間さえ許せばいつもの2倍は入っていたいような心地よいサウナ室だった。

#水風呂
13℃台の、非常に気合いとキレを感じる水風呂。
しかも備長炭使用。
埼玉一(公式HPより)の温度とキレのある水風呂は、今まで体験したことがないレベル。体感してもらいたい!

#休憩スペース
室内と外に2席ずつあり。
室内は普通のイスが2つ、外はリクライニングと普通のイスが1つずつ設置されている。
この時期の夕方〜夜の外気浴はたまらないものがあった。
また、露天風呂の中にもリクライニングチェアがある。38℃台のぬるめの湯につかりながら横になれる、他にはないユニークな仕様となっていた。もちろんふつうに露天風呂に入ることもできる。

#風呂
中央のジャグジーは、35℃と水風呂が冷たすぎる方にはちょうどいいセッティングかもしれない。
しかし、5秒でもいいし、掛けるだけでもいいので水風呂を体験することをおすすめしたい。
ふつうの風呂は40℃〜41℃でバイブラもあり、そうじゃないゾーンもあり文句なしの造りでした。

#岩盤浴
なんと岩盤浴もあります。
フロントに行って岩盤浴用のウェアとタオルをもらい、更衣室で着替えてから向かう。清潔で良かったです。

#作業スペース
食事処のコンセント使用可能席と、
鉄道ビューラウンジで可能。いうまでもなくWi-Fi完備。速度も良い。

新年初サウナが今年最高のサウナになってしまいそうです。
夏に偶然聞いた、WANIMAのオールナイトニッポンにゲスト出演していた太田宏氏がおすすめの三大サウナの一つ、その看板に偽りはありませんでした(残り2つは札幌ニコーリフレと熊本湯らっくす)。

続きを読む
8