絞り込み検索

地域

選択する

条件

選択する

ととのエディター

2022.07.04

45回目の訪問

8HOTEL CHIGASAKI

[ 神奈川県 ]

今日からアウフグース世界大会の日本予選!
でも、仕事で行けず。

というわけで(どういうわけ?)
夕方からは8HOTEL CHIGASAKIへ。

続きを読む
16

ととのエディター

2022.07.01

4回目の訪問

急なお誘いに即答。
早朝から車を走らせて朝ウナ。

午前中のオンラインミーティング、
こんな大磯の天国から繋いでいたのは秘密。

続きを読む
18

ととのエディター

2022.06.30

24回目の訪問

ZEN VAGUE

[ 神奈川県 ]

久しぶりにZEN VAGUEへ。

あの #北こぶし知床 の衝撃サウナの意匠設計から3Dモデリング・図面・製作を手がけたアーティストリーの大西くんと2人で。

サウナに入りながら、ずっとサウナの話。
ほんと好きね〜

続きを読む
16

ととのエディター

2022.06.28

44回目の訪問

8HOTEL CHIGASAKI

[ 神奈川県 ]

今夜は8HOTEL CHIGASAKIでスター諸星さんのアウフグース!
ちびっこアウフギーサーも少しだけコラボさせていただきました。

素晴らしい体験をいつもありがとうございます‼︎
お付き合いいただいた皆様、今日もありがとうございました🙇‍♂️

続きを読む
20

ととのエディター

2022.06.28

1回目の訪問

近くで用事があったので、宮前平源泉 湯けむりの庄へ。
綱島はお気に入りで何度も行っているが、宮前平は初。

96℃の静寂瞑想サウナ(6月は照明を抑えて&テレビOFF)。
2段ベンチで20人以上は余裕で入れる人サウナ室のストーブは、ストーンと遠赤外線の二刀流でかなりアツアツ。6分で充分発汗。

青くライトアップされた水風呂は、ブクブクバイブラというより、ドゥオンドゥオン水流。16.4℃表示だが体感はもっと低くてキンキン。
CHILL OUTの入浴剤が投入されたチルアウト水風呂になっていた(期間限定)。缶を開けたときのあの香りに包まれた。

露天エリアは、綱島とは違って屋根がないので、燦々と太陽の光が降り注ぐ。
デッキチェアやベンチ、寝転び湯もあり、ととのいチェアは大好きなアディロンダックチェアだった。
そこそこ数があるのだが、日光が気持ち良いからか、爆睡している人も多く、休憩スポット争奪戦になっていた。
一番奥にある木の下に置かれたチェアで、木漏れ陽の中で微睡む外気浴は、かなり良かったなあ。

2フロアにわかれたお休み処には、TV付きのリクライニングチェアが118席もあって、超快適。
一日中ゆっくり過ごすのが正解だなあ。

湯けむりの庄、やっぱりレベル高いね。

続きを読む
23

ととのエディター

2022.06.22

43回目の訪問

水曜サ活

8HOTEL CHIGASAKI

[ 神奈川県 ]

チェックイン

続きを読む

ととのエディター

2022.06.21

42回目の訪問

8HOTEL CHIGASAKI

[ 神奈川県 ]

チェックイン

続きを読む

ととのエディター

2022.06.20

16回目の訪問

チェックイン

続きを読む

ととのエディター

2022.06.17

11回目の訪問

スカイスパYOKOHAMA

[ 神奈川県 ]

スカイスパのサウナシアターで #箸休めサトシ さんのショーアウフグースと、#五塔熱子 さんのアウフグースエキシビジョンを味わってきました。

熱子さんは、Aufguss Championship Japan用の演目を披露してくれました。
八岐大蛇伝説を題材に組まれた構成で、全身全霊を傾けるその姿から目が離せず、すっかり心を奪われましたね。

アウフグース、すごいな。
日本大会、楽しみすぎます!

続きを読む
2

ととのエディター

2022.06.15

1回目の訪問

SAUNALAND ASAKUSA。
きっといいんだろうなと思ったら、想像以上に良かった。

浅草で薪ストーブのサウナに入れるという贅沢。しかもTYLOHELOの電気ストーブとのハイブリッド!
薪ならではの柔らかな熱に、電気ストーブによる安定感が合わさった見事な空間。
セルフロウリュをすると厚みのある熱の塊が一気に広がり、しばらくするとすっと抜けていく、とても心地よいサウナ。
スタッフの石垣くん(浅草の風神)がアウフグースをやってくれたが、熱々でよかったなあ。

サウナを出れば目の前に水風呂。
レインシャワーで水が降り注いでいて、頭から水を浴びながら水風呂に浸かれる嬉しい仕様。横向きに入れば、縁に頭を乗せて、足先も出せる大好きなサイズ。水温も17℃前後で絶妙。
そしてすぐ横には湯船もあるという幸せ。

外気浴スペースにはLafumaのインフィニティチェア。横たわると、ガラスドア越しに、ストーブのゆらめく炎が眺められる。

サウナを散々楽しんだら、2F キッチンダイニングラウンジへ。
中央にはビルドインの鉄板があり、もんじゃ焼きを楽しむ。仲間の中に料理人がいたため、最高のサウナ飯に。めちゃくちゃ美味かった。

さらに3Fと4Fにはサウナ付きプライベートルームも。3Fは6人、4Fは2人で宿泊できるとのこと。特別に見学させてもらったが、ここに泊まってのサウナ三昧は、絶対に楽しい。

「コロナ禍で失われた、“仲間と共に自由に過ごせる時間”を取り戻せるサウナを浅草に作ることが今回の目的です」と言っていたが、まさにその通り。
そうだよ、サウナってこれだよな!という、サウナの真髄を味わえる素晴らしい施設。
あの人と行きたい、この人と行きたいと、たくさんの顔が思い浮かんだ。

続きを読む
10

ととのエディター

2022.06.14

41回目の訪問

8HOTEL CHIGASAKI

[ 神奈川県 ]

今夜は鈴木陸さんのアウフグースイベント。
雨なのに本当に大盛況! アツアツホカホカの男たちが次々とプールへダイブ。
娘の勝手にちびっこ熱波も3回とも満席でした。

今宵も素晴らしいサウナでしたな。

続きを読む
5

ととのエディター

2022.06.08

1回目の訪問

SAUNA & co

[ 東京都 ]

クラウドファンディングで会員になっていた蔵前のサウナ「SAUNA&co」に行ってきました。
「会員制ライフスタイルサウナ」というコンセプトで、男女一緒に入れる貸切型サウナ。

SaunaLab Kandaを手掛けた方が設計したというサウナ室は、全体的に黒で統一されていて、静かで落ち着いた瞑想空間。座面も広くてゆとりあり。
MISAストーブにロウリュをすれば、あっという間に熱に包まれる、いわゆる「話が早いサウナ」。

コンパクトながら水風呂がついているのが嬉しい。
備え付けの氷で、水温の調整もできるということで、ガンガン投入。

休憩エリアには、天然の植物がたっぷり。
緑に囲まれながら、サーキュレーターからの風に吹かれます。

1人きりのソロサウナはなんだか寂しい。
そんな人には、こういう空間が嬉しいはず(俺もそのひとり)。
気の合う仲間と一緒に、気兼ねなく。

次は誰と行こうかな〜

続きを読む
1

ととのエディター

2022.06.07

40回目の訪問

8HOTEL CHIGASAKI

[ 神奈川県 ]

今夜は8HOTEL CHIGASAKIで、サウナーケタくんのアウフグース!

みんなで手拍子しながら、陽気なラテンソングに乗った熱波をくらう。
これでアウフグースプロフェッショナルチーム7人全員制覇できた娘も大喜び。

18:30、19:30、20:20は娘が「ちびっこ熱波」をいつも通り勝手に開催。
本日もたくさんの方にお付き合いいただきました。

やっぱり、いつ行っても楽しいな、8HOTEL!

続きを読む
14

ととのエディター

2022.06.02

2回目の訪問

In The Earth

[ 新潟県 ]

鳥のさえずりをBGMに、さんさんと降り注ぐ太陽の光を浴び、風もなく静かな海を眺めながらの外気浴。
朝ウナ、さいこう。

続きを読む
29

ととのエディター

2022.06.01

1回目の訪問

In The Earth

[ 新潟県 ]

アースバックサウナ
「IN THE EARTH」

波の音を聞きながら、
地球を感じる。

続きを読む
15

ととのエディター

2022.06.01

1回目の訪問

海と溶けあうサウナ
サウナ宝来洲(ホライズン)

天気も最高。
天国かもしれん。

続きを読む
16

ととのエディター

2022.06.01

2回目の訪問

スパ・アルプス

[ 富山県 ]

朝ウナも最高。
天然水に浸かって、がぶ飲み。

さて、新潟に向かいますか!

続きを読む
18

ととのエディター

2022.05.31

1回目の訪問

スパ・アルプス

[ 富山県 ]

ついに来た
スパアルプス

北陸サウナの聖地!
飲める水風呂!

続きを読む
9

ととのエディター

2022.05.31

1回目の訪問

The Hive SAUNA

[ 富山県 ]

昨年発表されたパースを見た時から「絶対に行こう!」と決めていたサウナ。

霊峰立山が望める立山に美と健康をテーマとした複合施設「ヘルジアンウッド」がオープンしたのは2020年。発案者でオーナーは、前田薬品工業の社長・前田 大介 さん。田園風景の中に建ち並ぶ建築群は、建築家・隈研吾さんが手掛けたもの。
そこに、JAPAN SAUNA-BU ALLIANCEのカワちゃん ( 川田 直樹 )がプロデュースする「土の中の貸切サウナホテル」が完成したって言うんだから、行くっきゃない。
今回の旅の構想はここから始まった。

HIVE=「ミツバチの巣」という意味を持った六角形の半地下構造の建物。
たった1枚のビジュアルで心を鷲掴みにされちゃう、半分土の中に埋まった不思議なサウナホテル。
キッチン&ダイニング、シングルベッドルーム2部屋+ダブルベッドルーム1部屋。そして奥に進んで、更衣室を抜けると、見事な景色が広がっていた。
大きな水風呂の先には、六角形に切り抜かれた土、緑、空、山。水面には空が映り込んでいてまるでアートのようだった。

左右に趣向の異なるサウナ室が2部屋。1部屋は3段ベンチで5人ほど座れる90℃の高温サウナ。もう1部屋は80℃と優しめで、3人がゆったりと寝転ぶように入れる仕様。
どちらもタワー型ストーブが真ん中に鎮座し、窓から外の景色を眺めることができる。

この日は贅沢に瓶詰めの芳香蒸留水を使ってロウリュ。立山の大地で育てられたラベンダーの花穂のみから丁寧に抽出された天然アロマウォーターをストーブに注ぐと、ナチュラルな香りに全身が包み込まれた。

水風呂は、横幅サウナ室2つ分+αという大きなサイズ。ちょっとしたプールのようで、センターだけ深く掘り込まれている。まっすぐ真ん中に入っていけば、130㎝くらいの深さで全身すっぽり。
天然水掛け流しで水質もGOOD。水温は17℃前後か。ゆっくり浸かれてすごく気持ちよかった。

水風呂の先にある外気浴スペースにはチェアが4脚。座ってみると……それは虫の目線だった。
土に埋まった僕たちの目線から建物は消え、目の前には土、その上には青い空と雲が広がっていた。
六角形の巣の中で、わずかな風を感じながらまどろむ小さな蜂になってしまったのだ。

続きを読む
11

ととのエディター

2022.05.26

7回目の訪問

「もし一週間で世界が終わるとしたら、あと7つ、どこのサウナに行きますか?」

滝本的7サウナの1つとしてノミネートされている海辺の絶対的王者・シーサウナシャックに久しぶりに訪問。

美しく燃える薪ストーブの柔らかい熱、窓の外に広がる息をのむほどの絶景、地下水のなめらかな肌触り、青く広がる海と空を眺めながらのパーフェクト外気浴……

うん、やっぱり大好きだわ。

続きを読む
27