TKHR55

2019.11.16

1回目の訪問

作り手の意匠というか、
あらゆるモノ(特に商品となるもの)には
受け手(使い手)に対してどれだけ
予測、気配り、先回りをして
不自由にさせないという意思が存在する。(はず)

不自由にさせない。これが基本のボーダーライン。
といってもなかなかこのボーダーですら
越えるのが難しく、
作り手はいつも四苦八苦しながらモノ
を生み出しているのだろうと思う。

しかしながら、そのボーダーを越えたところに
更なる気持ちよさをクリエイトする
「サービス」が存在していて
それは作り手と使い手の双方の意志が
バランス良く融合した日常の中に
必然的に生み出されていたりする。

浴室の奥手、サウナ室の対角線上にそれは
在った。
「地下露天風呂」
浴室がB1にある一角を吹き抜けにして
地上からの外気を取り入れる露天風呂。
そしてその畔に必然的に配置される腰掛け。
小さめな日本庭園風の小庭。
外気はマイナス3度。
昨晩からの降雪は朝になっても降りやまず、
吹き抜けから雪が舞い降りては
湯船に落ちるか落ちないかのところで
消えていく。
あぁここは北海道旭川。
冬の厳しさと湯の暖かさ
そしてサウナの優しさを感じる素晴らしい
ロケーションだった。

また旭川に来る際にはぜひ訪れたい。

  • 82℃
    14℃
14
1

このサ活が気に入ったらトントゥをおくってみよう

トントゥをおくる

トントゥとは?

あゆさん
2019.11.20 22:00
1
イキタイデス(*´-`)
ログインするといいねや
コメントすることができます

すでに会員の方はこちら