【越の湯と多賀良湯と私①】

南武線鹿島田駅。
親友の実家がここにある。
20数年前、大学時代にここを訪れた。

多分、銭湯という類の場所に来たのは、当時片手で数える程であったと思う。
だからか、その時の思い出は鮮明だ。
幼い頃、父親にこうした場所に連れて行ってもらう機会がなかった私は、ここに訪れた事を良く記憶している。

思い出が鮮明なのはまた違う理由もある。
その日、当時はまだ交際に至っていなかった妻も含めて、同じサークルに所属していた仲間内でこの親友の自宅に泊まったのだが、その夜に皆んなでここに来た。
その頃、妻に想いを寄せていた私は、この日がどれだけ楽しみであったか。そんな懐かしい時を思い出す。

そんな思い出の時であるが、その時間の中にあるここの名前や外観までは記憶していなかった。
場所も親友の家からそう遠くない距離を歩いて向かったくらいの事しか覚えていないから、今日はGoogleマップを頼りに歩みを進める。

新川崎や鹿島田の駅前には武蔵小杉からもはっきり確認できる立派なタワマンや高層マンションが聳え立つが、商店街を抜け住宅街に向かえば、昔から然程変わらないであろう落ち着いた街並みが続く。

溢れる色々と昔の事に思いを馳せているうちに現地に到着。
ビルは耐震か外壁かはわからないが工事用ネットで覆われているが、透けて見える外観を見てかすかに記憶が甦る。

その頃、ここにサウナ室があったのかどうかは知らない。少なくとも当時の私にはサウナのサの字もないし、多分、それまでにサウナ自体の経験もなかったと思う。
その日は、仲間達とわいわい入浴し、妻をを含めた女性陣と湯上がりに待ち合わせ、近くのコンビニで夜通し分買い込んで、また親友の家へ戻った事しか覚えていない。

20年以上の時を経て、再びここを訪れる事が出来た事に感謝。サウナ好きになって良かった。

激熱45℃オーバーの浴槽とカラカラ昭和ストロングタイプのサウナは、きっとあの当時もそうであったのだろう。もしかしたら、当時はもっと熱かったのかも知れない。

そして今日。
3セット。うち2セットはサ室も水風呂も貸切状態。
一人でゆっくりできるのはありがたい一方、お客が少ないのは少し寂しい。
たまたま今日だけそうならば良いが、これが最近の傾向ならそれは決して喜ばしい事ではない。

私にとって忘れ得ぬ想い出の銭湯。
直ぐ近くには、お世辞抜きでここより綺麗で広くて安い「多賀良湯」があるけれど、私はあくまで「越の湯」派だ。

親友にも久しぶりに連絡を入れ再会を約束した。
また来ます。ありがとう、越の湯。

歩いた距離 1km

焼け石にアロマ水さんの越の湯のサ活写真
焼け石にアロマ水さんの越の湯のサ活写真
焼け石にアロマ水さんの越の湯のサ活写真
焼け石にアロマ水さんの越の湯のサ活写真
焼け石にアロマ水さんの越の湯のサ活写真

  • サウナ温度 104℃
  • 水風呂温度 18℃
140
0

このサ活が気に入ったらトントゥをおくってみよう

トントゥをおくる

トントゥとは?

ログインするといいねや
コメントすることができます

すでに会員の方はこちら

サウナグッズ