スグル

2020.08.15

4回目の訪問

サウナ室の温度計は80℃であったが体感は90℃くらいに感じた。ここはオートロウリュがまめにあるので、そのおかげで湿度が高めにキープされ体感温度上昇に一役買っているのだろう。大変良いことだが、100℃いや90℃の温度設定ならば体感はもっと熱くなるのにと、さらなる高みを求めてしまう。
さて、サウナ室のセッティングは上々だが、水風呂の温度が残念であった。水温計は16℃あたりを指していたが、体感的には20℃くらいである。ずーっと入っていられる感じだ。水温計、狂ってるのか?俺が狂ってるのか?とりあえず2分くらいで出るのだが、冷やし足りない。うーんやっぱり水温計がおかしい。
外気浴。にわか雨が降ってきたので浴室へ戻り、中にあるイスで休憩。その間に水風呂かけず小僧を二人も目撃。気持ちが滅入ってしまった。彼らのほとんどは罪悪感など一切持たずに、当たり前のようにかけ水なしで水風呂に入ってしまう。うーん。
2セット目のサウナ室。俺はサウナ室に備えられたテレビを何となく見ていた。
夕方になりだんだんと地元民のおじいちゃんたちが増えてくると、テレビ番組が気に入らないらしく、スタッフを呼び番組を高校野球に変えていた。うーん、なんだかなあ。高校野球よりはさっきのホンマでっか!TVのほうがまだましだったなあ。
自分の興味のある番組が変えられたからイラついてるのではない。地元民の常連のおじいちゃんたちの特権意識が気に入らないのだ。たかがテレビのチャンネルごときだが。
更に2セット目の水風呂では、水風呂の出入り口をふさぐかたちでかけ水をする年配者がいた。俺は出ますよと目線を送ったが彼はどいてくれない。仕方なく俺のほうがギリギリよけながらすれ違いを成功させるという高難度の技を披露。
かけ水するのはいいけど、自分が出入り口をふさいでいることがわからない?
更に気が滅入ってきた。
3セット目のサウナ室、スタッフがマット交換にやってきた。マット交換はその施設によって暗黙のルールがある。お客は全員サウナ室から退出して、スタッフが交換終えるまで待つところもあれば、お客が交換に協力する、一緒に交換するところもある。さて、ここのマット交換はどんなルールだ?俺は周囲の客の出方をうかがった。
スタッフ1名がサウナ室入ってくる。大きなカゴにマットが入れてある。お客Aがマットを大体の見当で放る。お客Bが拾い上げて敷く。お客Cがそれにならう。お客DもEもFも全員総出で交換する。俺も出遅れないよう2枚ほどマットを敷いた。その時間10秒ほどであった。早業連係プレーである。ここまで数多くの悪い場面を目にしてネガティブな気持ちだったが一気にいい気分になった!やればできるんだね!

  • 80℃
    20℃
38
0

このサ活が気に入ったらトントゥをおくってみよう

トントゥをおくる

トントゥとは?

ログインするといいねや
コメントすることができます

すでに会員の方はこちら

  • サウナーリンク集
  • サウナイキタイSTORE
  • 水曜サ活