2019.09.07 登録

  • サウナ歴
  • ホーム 汗蒸幕のゆ
  • 好きなサウナ たとえ施設自体は古くとも 清潔感がある(心掛けておられる)ことは やはり大事ですよね、水風呂も深く大きいに越したことは ありませんが、水温/水質等 きちんと管理されておられる施設には好感が持てます、サウナ→水風呂→外気浴の導線がいいこと、楽しいこと、忙しくないこと、更には お客さんの意識が高いことも、公共の場でもあるサウナにおいて、好ポイントの1つです。
  • プロフィール 「温泉ソムリエ」「サウナ&スパ健康アドバイザー」本格 サウナにスーパー銭湯、町のお風呂屋さんから野趣溢れる露天風呂までと無類の風呂好き サウナ好き! 己のサ道に邁進すべく修練を重ねゆく日々です。 因みに人生初のサウナは忘れもしない   釜房湖 湖畔に所在した伝説のレジャー施設「バリハイセンター」! 小学6年生で知った「ととのい」にも似たあの衝撃が、後の私の生き方に多大なる影響を及ぼすことになろうとは、この時、誰も知る由はありませんでした とさ… ちゃんちゃんwww ^^;
絞り込み検索

地域

選択する

条件

選択する

UZIxxx

2023.12.24

1回目の訪問

天王温泉くらら

[ 秋田県 ]

逆巻く波を尻目にかけて やってきました羽後の国、
「秋田 道の駅サウナ」いよいよのラストレビュー、
なんとか本年中に間に合ったね、ふー。😅

県内でも1・2の高さを競うであろう‘天王スカイタワー’を始め、
数々のアクティビティを有する「道の駅てんのう/天王温泉くらら」
旅のラストを飾るに相応しいスケールを誇る施設なのでごぜーやす。

秋田の郊外型サウナではデフォとなるプラ籠メインの脱衣場は
ワンフロアどっかーんてな感じで広い広い、浴場も同様、高い天井、
両サイドに振り分けられた浴槽、後方にレイアウトされた洗い場に
全面ガラス張りの解放感は お見事、見渡して気づいたんだけどココ
浴槽のヘリ、石製の板付きカマボコみたいな半円状の枕のよーな
モンが付いてて、そこに頭を乗せられるようになってんの(ほぉ~w)

さてさて サウナですが、この手の施設としては珍しく低温/高温の
2つあり、高温は90度越えのL型2段、定員 詰め込んで13人、
木部は最近貼り直したのかな、中々の清しさ気持ち良さ。

60度チョイの低温サウナは、L型1段7名ほど、ガラスのドアに
加え、壁2面にも横長の窓がある、コンパクトな造りの割に前室
(足を置くところね)が広いのがイイね、アレ? ここヒーターが
ナイ!? よく見ると天井の業務用エアコンみたいのから、
ゴーッ!っと温風がサ室内を弛まなく循環している、へー こんなの
見たことないや、うーん、低温ながらこの気持ち良さはなんデショね、
(サウナは直熱じゃないんだってことを再確認!)

珍しさはコレだけじゃなくてコチラ水風呂も大/小の2つある。
小さい方は3人位で18度、大きな方は10人 22度(手持ちの水温計調べ)
その日のコンディションや、気候の差で使い分けるのもいいかもね。

そうそう 露天の造りも凝ってて、脇からぐーっとカーブした小川の
様な水路から岩風呂を模した湯船にお湯が注ぎ込まれている、ホラ、
滝みたいのはよくあるけど、こーゆーのってな珍しいんじゃない?

「秋田 道の駅サウナ」を締めくくるにコレ以上ない設備に環境etc…

来期も美味しい食事、快適な空間、素敵な出会いに恵まれますように、

へばっ。😉

続きを読む

  • サウナ温度 62℃,92℃
  • 水風呂温度 22℃,18℃
44

UZIxxx

2023.11.25

1回目の訪問

さてさて「秋田 道の駅サウナ」完全制覇まであと少し!
てことでチョイと寄り道したのが青森/平川は「花の湯」

ホントのトコ「道の駅 いかりがせき」でひとっ風呂と思てたんだけど、
門前にサウナ休止中の立て看板…(コロナ大分 落ち着いてきたよー!)
そんじゃーってんで同市内のコチラに おジャマしたってワケ

ココも正式には道の駅が運営してるってワケではないんだけど、
「弘前 道の駅 サンフェスタいしかわ」のすぐ後ろ斜め辺りに
あるんで、まーその辺はご容赦のほどね。

おぉ 中々に立派な施設、受付を済ませ、生鮮野菜を中心とした
物産コーナーを抜けると正面が休憩スペースを兼ねた お食事処、
右側が浴場で左が岩盤浴てな具合、ちなみに岩盤浴の利用料金が
1,300円なんで、450円の入浴料がやたら安く感じちゃうw

更衣室の仕様がプラ籠メインなのに思わずほっこり
(貴重品は自己責任で) 浴場も広いよ、手前から温泉、
ラジウム鉱泉、電気風呂、ぬる湯とあり、更にサウナ、
水風呂と続いてる、ココ総じて ぬるめの設定なんだけど、
コレはコレでリラックスできるかも。

サウナはと言えば、デーンと大きなヒーターが正面にあって、
マット換算で言ったら定員12名、詰めればあと6人は入れるかな、
ただ、一部床が抜けてたりと、シロアリに食い荒らされた如くの
荒くれっぷりが随所に見え隠れする中々のテイストでございます。w

水風呂は余裕めで3人といったところ、ドバドバとかけ流しながら
手持ちの水温系で22度、うーん、マイルド!w 

露天もそこそこの大きさなんだけどチェア類は少な目、
備え付けられた珍しいスチール製の壺風呂で、
思いっきりオーバーフローしてやりましたわ、わははw

こっからターンしてまた秋田に戻るわけなんだけど、
青森、時間があったら、ゆっくり周ってみたいもんだよねぇ、
たぶん まだ見ぬ魅惑のトーホグサウナ、山ほどあるんだろーなー、
これだから週末サ旅はやめられないんだよねー!!

続きを読む

  • サウナ温度 90℃
  • 水風呂温度 22℃

  • サウナ温度 90℃
  • 水風呂温度 22℃
42

UZIxxx

2023.11.06

1回目の訪問

サウナ飯

「愛子天空の湯 そよぎの杜」、行ってきましたよー!
訪問したのはド平日の真っ昼間、にも拘わらず広大な駐車場は
ドコに車を停めていいか分からない程の混雑振り、んごいね。

まずは受付を済ませ館内着に着替え岩盤浴のコーナーへ、
3つに分かれた部屋には、それぞれに趣向を凝らしたアトラク
ションが実施され老若男女問わず手軽に楽しんでる、詳細は
あえて記しませんが、多分これまで県内で施されてきたコレ系の
中では、1番凝った造りなんじゃないかな、楽しい楽しい! 

浴場自体はそんな大きさを感じないんだけど、炭酸泉、気泡泉、
水風呂等がキチッと収まりの良い造りで好印象、第一サウナの
「梵(そよぎ)」はストレート6段の明るいタワー型で、定員は
マット換算で25名といったところ、この明るさは照明だけじゃ
なく、張り巡らされた白レンガの壁材によるものが大きいよね。

して このレンガからくる輻射熱ハンパなく、天井部20基の
スパイラルダクトから繰り出される悪魔のような送風に、普段
12分計1周を目安に入るアダスも8分~10分が限界ラヴァー!

程よい大きさの水風呂は地下より汲み上げた天然水で、17度
キープのバイブラ仕様、纏った羽衣 剝がされる剝がされるw

外へと出れば、おろっ、もしかしたらココ露天の方が広いかも?
泉ヶ岳の眺望もさることながら、夜になったら満天の星が望め
そうなロケーションは、すんばらしいの一言!

そうそう、外にもサウナがあるんだった、第二のサウナ「禅」は
ヒーリングなBGM流れる中、最低限の照明で心落ち着く
メディテーション系、向かい合わせ型17名、80度の室内は
セルフロウリュウが可能、「オイ、そこの若ぇの」ロウリュウ
するときゃ、恥ずかしがらずにチャンと挨拶しようやね、
コチラも「おなしゃーーーす!」とレス返すからさ!w

隣接のシャワーは爽快なんだけどココまでくると外にも
水風呂が欲しくなっちゃうのはゼータクってもんでしょーかねぃ。

「そよぎの杜」は、仙台を代表するに値するサウナ施設と言っても
異論はないでしょう、期せずして降って湧いた「仙台サウナ戦争」
いやー、盛り上がって参りましたよー😁

「包み焼ピザ」(チーズ&ベーコン)

小腹すいたら軽食コーナーで。3種/各330円

続きを読む

  • サウナ温度 80℃,90℃
  • 水風呂温度 17℃
55

UZIxxx

2023.10.30

1回目の訪問

サウナ飯

一瞬 青森に入り すぐまた秋田に戻る峠道、途中 こつ然と現れる
「大館 矢立ハイツ」なる建物… ココが今回の訪問サウナ
「道の駅やたて峠 新矢立温泉」で ごぜーやす。

いや 絶対分かんないって! だって「道の駅」の表記無いもん!w
まずは受付を済ませエレベーターで4Fへ、へっ? 意外に上の方に
あるのね、そっか、宿泊施設の大浴場が日帰り温泉になってるワケね。

では男湯「天空の湯」へ、大浴槽の周りを中心に経年の温泉作用による
浸食ハンパなく、含鉄系特有の酸化したオレンジのお湯が場内に
広がる、コレ石巻「ふたごの湯」の名物水風呂だよね(伝われー!w)

露天はデッキスペースなる造り込みがなされていて、ベンチが
1脚とチト寂しげな感じなんだけど、ココにある木樽で出来た
湯船のヤレ具合が、さながら「熟成60年 醪漬け三段仕込み」てな
様相で、幾年かすると朽ち果ててしまうフィンランドのスモーク
サウナよろしく、中央部に堂々と鎮座なされておられるのでした。 

いや それにしても「天空の湯」に恥じないロケーション!
秋田によくある‘丸見え系’なんだけど、すんげー気持ちいいの!

さーてサウナなんだけどコの字L型1段10名、中央にストーブがある
タイプで、サイドにある横長のガラス窓からは浴場内と屋外に広がる
緑が一望にできる。 室内も飴色に変色した木材がレガシーな雰囲気
なんだけど、古さからくる汚さ等 微塵もなく むしろとてもキレイ、
ただ何が凄いって立ってらんないくらい熱いの!床が! なもんだから
座ってらんないくらい熱いし、トーゼン寄っ掛かってらんないくらい
熱い! (だから‘すの子’増設されてんだ!)温度計は80度なん
だけどね、なんでだろ、フシギダネ?

で水風呂、えぇっ!? ホーロー???(しかも1人用団地サイズwww)
いや アダスも長いことサウナに入ってきましたが、家庭用の湯船が
備え付けられてるの初めて見ましたよ!w なんだか実家のお風呂に
浸かってるみたいで落ち着かねー、いや落ち着くーーー!www

オーバーフローのダイナミズムにイキそうになりつ、あっけなく昇天!
「秋田 道の駅サウナ 完全制覇」まであと少し!、年内中に行けるかな?

訪問日は「牛丼」でした。

広くてシンプルで清潔なイートインスペース、平日限定で週替わりのランチがお手軽でリーズナボー、550円

続きを読む

  • サウナ温度 80℃
  • 水風呂温度 18℃
61

UZIxxx

2023.10.11

1回目の訪問

「秋田 由利本荘エリア 道の駅サウナの旅」 いよいよのラストは
最内陸「黄桜温泉 湯楽里」に、プリーズ・プリーズ・ミー🎵

えーっとココね、いや、もし間違ってらゴメンナサイよ、
いわゆる温浴施設そのものが道の駅になってるタイプのヤツで、
そのスケールがデケェのなんの、レストランや物販コーナーは別棟に
あるんだけど、実質的経営機能はココ温浴棟に集中してるみたいなの。

全体的な和モダンな風情はロッカールームにも活かされていて
そのコンセプトにブレは無く、建物自体の天井が高いからトーゼン
浴室の造りも高々広々、なーんかイイとこの温泉ホテルに来たみたい。

両サイドに振られた洗い場に、プールを思わせる大浴槽、
サウナと水風呂は入ってスグ右側にある。 サ室はカラッとして
中々の入り心地、ストーブを中心として左右に5人ずつ座れる
コンパクトな造りで、温度計の針は120度を指してるんだけど
コレはストーブの真上にあるせいじゃないかな、体感的には
90度位といったところでせうか、面白いのがTVが外の更衣室に
あって、それをガラス越しに見るという変わったシステムw

で 水風呂なんだけどね、おー ひゃっこい! 大浴槽同様 石製で
しかも1人しか入れない細長の造りのもんだから、なんだか
石棺に納められてるみたいで、安らかなになる心境この上なく、
SDGsの実現と世界の平和を願わずにはいられないのでした。
「ツタンカーメーーーーーーーン!」(?😅)www

中々にイイ施設なんだけど、しいて言えば露天(外気浴スペース)が
無いのはザンネンかな、天井まで届く大きな三角ガラス面から望む
野趣 溢れる庭園に涼しげな風吹く中、辺りはすっかりと晩夏の様相。

それにしても今年の夏は暑かったね、来期も素敵な旅ができます
ように、秋田の沿岸サウナ訪問は、一旦ここで しゅーりょー!
でも引き続きドライブは続くよ、どこまでも道は続いてるんだ。

1つ、また1つ 大好きな夏が過ぎてゆく… また逢おうね。

続きを読む

  • サウナ温度 120℃
  • 水風呂温度 16℃
53

UZIxxx

2023.10.03

1回目の訪問

サウナ飯

一路、海っパタにゲッバーック! 潮風爽快にかすめゆく中、
本庄エリアは最北端「道の駅 岩城 アキタウミネコ岩城温泉
「港の湯」」にとーちゃーーく!

デッカイ風車のたもと、海へと伸びるアイランドブリッジ、どこと
なく西洋の風情を感じさせる建物、ウーン、メルヘンチック、
コテージやオートキャンプ場も完備された総合アウトドア施設として、
近年 生まれ変わったんだよね、さぁサウナですよ、ウナウナ~🎶

おろっ、ここのロッカー変わってる、四角型のフタを開けると
中に鍵の付いた貴重品入れスペースがビルドインされてる、
へー オモロイなー。

場内はといえば、まぁ そこそこの大きさで、海岸線を望むひょうたん
型の大浴槽に、反時計回りにバイブラ、水風呂、サウナと続いてる、

それにしても、コチラも象潟に負けず劣らずの丸見え温泉、
海浜沿いの施設ってば、みんなこんな感じなのかどーかは
分んないんだけど、いやぁ気分爽快 キキカイカイ。

場内右方突き当りに「展望露天風呂入口」なる表記の扉が目に入る、
えっ、もしやコレって国内初であろうヌーディストビーチ的な最先端
外気浴を展開しておられるの?「ひらけ、ヘブンズドア!」とばかり
に いそいそと降りていくと、なんだよ! なーんてこたない上層と
似たような風呂があるだけ…(もー、ときめきを返して!w😅)

で ココもなんだけど やっぱ水風呂がぬるい! 20度はある、多分
気温に左右されちゃうんだろね、肝心のサウナは四角いスペースの
半分が座部で定員は10名、90度キープの中々のコンディションは
まずまずと言ったトコなんだけど、ドアにクローザーが無いもん
だから、開け閉めが乱暴になりがち、ココ修理しといてね。

で、実はココが一番気持ちがいいのは入口受付奥の80畳敷きの大広間、
キンキンに冷えた無料サーバーのお水を頂つ、程よく効いた冷房と
眼下に広がる雄大な日本海、なんもかんも投げ出し二つ折りの座布団
枕に大の字で寝る なんと開放的なことよ!

こーゆーのってロングドライブには必要よ、あぁ、ごめんなさい、
あんまサウナのこと書かなくてw 本庄サウナもいよいよ終盤、
ススメ ススメ チテ チテ ター!😁

「本庄ハムフライ」

昭和30年より続く本庄のソウルフード、ジャンク好きなら試すべき一品、揚げ立てサイコー!😁 300円

続きを読む

  • サウナ温度 90℃
  • 水風呂温度 20℃
57

UZIxxx

2023.09.15

1回目の訪問

さ、ここから一旦 内陸に入り、目指すは「道の駅おおうち/総合交流
センター ぽぽろっこ」 当日は結構 宿泊のお客さんで賑わってて、
秋田県南観光のキーポイになってるみたいな場所なんだけど、ココも
またスケール感あるねー、今回はコチラ「楠の湯」にステイチューン!

券売機でチケ購入後、渡り廊下を経て浴場へ、
おー、中々凝った造りじゃないの、もしかしたら限られた
スペースに色々散りばめた結果とも言えるかもしんないんだけど、
ジャグジーあり、小滝のある露天ありと目でも中々楽しませてくれる、

こーゆーの大事よ!

サウナはシンプル2段の12名、ウーンなんだろ? ぬるい!w 😅
しかもココの12分計、2に差し掛かるトコでガクンと進み、
4を回る頃に一瞬止まるかのアクションを繰り返すという
独特の進行方式、まぁそれでトータル1分ならいんだけど、
どーも気になっちゃって、(もー直ってるかな?)

で、水風呂なんだけど、コレまたヌルい! もうね、体感的には
「ぬる湯」w それにしても何だな、秋田の道の駅系温泉て、みんな
こんな感じ? このところ気温高いから??w 多分 浸かったまま
眠りにつけそうよコレ(ある意味、快適ではあるんだけど…www)

露天も半分が草ボーボーの荒地と化していて、その半分でいいから
外気浴スペースを構築して欲しいよねぇ(冬場は閉じてもいいからさ)

とまぁ、相変わらず好き勝手書かせていただきましたが、
全体的にこれまでに無い凝った造りの設備というのも事実、
入浴料も割安だし、プランも色々あってドライブの立ち寄り
総合温浴施設としては、まぁ合格なんじゃないでしょうかねー。

「ぽぽろっこ」ウン、また来る日まで~。(^^♪

続きを読む

  • サウナ温度 89℃
  • 水風呂温度 20℃
53

UZIxxx

2023.08.27

1回目の訪問

さてさて、そんな象潟を後に7号線を更に北上、
次なる目的地「にしめ湯っ子ランド」に とーちゃーく!

ココは正式に言うといわゆる道の駅温泉てワケじゃないんだけど、
「道の駅 にしめ」の敷地内に隣接されてて、今や東北でも
珍しくなった24時間営業・年中無休(!)の入浴宿泊施設。

「へー 中々のスケール、3Fにはボウリング場とかもあるんだ…」
受付を済ませ中へ入れば、浴場内は大浴槽とサウナを二分するかの
造りで、そこに洗い場と申し訳ない程度の水風呂が、てな感じ。

あ、薬湯があるよ、ほうじ茶色した混濁系スッキリタイプ
(どっちやねん!w)入ってきた時に鼻腔をついた仄かな硫黄臭は
コレだったのね、実はアダス薬湯大好き、お清めの後シズシズと
入れば、ものの5分としない内にデリケートゾーンのチンピリ
具合がMAXを迎え、コリャたまらんとサウナへGO!

L型2段 定員14名程のベーシックな造りながら、やたら
熱く感じる96度で清潔感もそこそこ、中々のコンディション。
水風呂は入って3人位かなぁ、悪かないんだけど20度近い
ヌルさが残念、連日続くクソ暑い陽気のせいもあったのかな?
薬湯の感じが良かっただけに余計ザンネーン。

外気浴スペースにある大型のサッシに貼られた解放厳禁の
表記を尻目に大解放、進撃の巨人ヨロシク海岸線を望めば、
にかほ名物の大きな風車が勢いよく回っていて、地元の
皆さんは当たり前なんでしょうが、目の前に広がるチョイ
非日常な光景に、とーても爽快に時が流れていくのでした。

それにしてもドライブの途中、こーやって熱めのお風呂で
四肢を伸ばせる なんと快適なことよ、サウナもまたしかり。

フー、今年の夏は暑いや。

続きを読む

  • サウナ温度 96℃
  • 水風呂温度 20℃
49

UZIxxx

2023.08.19

1回目の訪問

さぁ いよいよ始まりました!「オイオイ ここにも値上げの波だってか、
たく信じらんねーぜ! ㊗道の駅カード第二弾発売記念、'2023アラカン
真夏の大冒険、目指せ 秋田の道の駅サウナ全8カ所完全制覇企画ぅー」

わー、ドンドンパフパフ~♪ てなワケでw、まずは手始めに5カ所ある
由利地区は第一番札所「道の駅 象潟 ねむの丘 眺海温泉 眺海の湯」から
レッツ スターティンンンンン!!

200年以上も前に海底が隆起して形成された「鳥海山・九十九島」を
眼下に見下ろすことのできるこの施設は、美肌効果のある良質な温泉
として知られているんだけど、ココ、我が国有数の丸見え温泉としての
誉れも高く、4Fのフロアはロビー、着替え室、浴場と全ての角度から
丸見えで、とりあえずシャワーを浴びようとその前に立てば、これまた
大きな鏡が全身を映し出すという(どこまでルック・アット・ミーな
お風呂なんだか)ウレシハズカシ ガマの油 状態とでも申しましょうかw

特に浴場から眼下に広がる日本海の大パノラマは絶景この上
ないんだけど、すぐ下の公園で無邪気に はしゃぐギャル達がもー、
気になってしゃーないのよねーw

ここはひとつオモムロに肛門日光浴をば ご披露せんとインフィニティ
ラインに仁王立ちしたのだが、秋田まで来て通報されても困るので、
大人しく湯船に浸かることにする、ちゃぽんw
浴槽は一体何人入れんだろってくらい大きく、滾々と湧き出でる
ほうじ茶色した塩化物泉を中央にバイブラ、水風呂、サウナへと続く。

サ室はオーソドックスな並列2段の小振りな造りで、温度はまずまずの
90度越え、壁面には大きなガラス窓があり、ここからでも雄大な
日本海を眺めることができる。 露天(外気浴スペース)が無いのは
残念だけど、この解放感は何事にも耐えがたいものがあるねー。

あ 水風呂も水温が少し高めだったのは残念だったかな、二人が
やっとの大きさもさることながら体感20度はあったんじゃなかろーか、
ココは1つドライブの疲れをキリっと〆たかったのでコマメな
水温管理の程、何卒ヨロシクお願いいたします。

何はともあれ、長時間運転の疲れをその土地の名産品や、お風呂で
癒しを提供してくれる「道の駅 温泉」 サウナーとしては も少し
サウナに力を入れてくれると ありがたいんだけど、まーその辺は
ポジティブに、明るく、今後に期待していきましょうか! 

(にしても、ホント 丸見えなんだよなーwww ^^;)

続きを読む

  • サウナ温度 93℃
  • 水風呂温度 20℃
53

UZIxxx

2023.08.09

1回目の訪問

水曜サ活

イヤッホー! 角田がやってくれたぜーぃ、6月3日オープン、
「天然温泉 もみの木」! オールブランニューの複合温浴施設
なんて、宮城ったら若林のアクアイグニス以来じゃない? 

最初 角田に日帰り温泉なんて言うから まソコソコの設備デショ
と高をくくってたら「デ、デケェ…」いや スゴいじゃないのコレ

中に入るとまたビックリ! 広大な回廊を挟むようにマッサージ
イートスペース、貸し切りルームと大奥の気分も高らかに
静々と進めば、ロッカールームにもチリ1つ落ちてなくて、
「はぁー、新築のにほひ~」と気分もアッゲアゲ!

浴場も広いの! 場内を半分に仕切るように浴槽、洗い場に
分かれてて中々の好印象、まず最初の軽い下茹で、短めの水通しが
アダスのルーティンなんだけど、水風呂かと思って入った浴槽が、
えっ! お湯? ウソ? あ、なんだ向かい側か、あはは…^^; 

サ室内では クラシック音楽とテレビ音声が互いを打ち消すかの
ようなせめぎあいの中、真っ新な白木のキモティ良さたるや、
「あー、しゃーわせダナー」☺

大自然に抱かれる露天も、何て言ったけ ホラ、火事になった
佐賀のサウナ! 正にあそこを彷彿させるダイナミズムビュー!

青い空、木々の緑「大っ嫌いだ 白い雲なんて!」はぁはぁはぁ…
すみませんっ、取り乱しました…www

でー キニナルポイントですが、行ったのはオープン間もない
週末だったんだけど、お客さんはアダス含めて約10人程、
タイミングが悪かったのかもとはいえ、これほどの施設に
10人て寂しくない?💦

東北のサウナ盛り上げていきましょー!
みんなー、行ってあげてねー 😅

続きを読む

  • サウナ温度 87℃
  • 水風呂温度 18℃

  • サウナ温度 85℃
  • 水風呂温度 18℃
58

UZIxxx

2023.06.03

1回目の訪問

サウナ飯

ひっさびさの投稿!^^; やって来たのは初夏の香 薫る山形は黒沢温泉
話題の施設「おふろcafé yusa」にuzi初登場! 関東エリアを中心に
全国に展開中の おふろカフェ東北初進出店舗として「悠湯の郷 ゆさ」
内に昨年末オープン! 頃合いを見計らっての来店と相成りやした。

受付を済まし、コレ地震来たら ひとたまりも無いな、と思わせる
巨大本棚と、1枚の毛布に収まるイチャイチャカップルを尻目に1F
「サウナガーデン」へw、「えーっと、2Fで着替えて1Fがサウナ、
ほんでもって5Fが大浴場と…て一見さん迷うっちゅーねん!」と
ブツクサ、ウロウロしながら まずは1Fのサウナコーナーに。

定員は20名以上となってるんだけど、40人は余裕で入れるキャパは、
ストーンてんこ盛りのデカいストーブを囲むようにコの字型3段の
ゆったりした造りで、談笑も楽しい快適リラックス空間が広がる。

水風呂は あんま おっきくないけど4人がスッポリ入れる収まりの
いいジャグジーで、水温少々上がり気味にも関わらず、外気浴の環境と
併せ全体の雰囲気がナイスなんで、ウン、コリャ ととのいますって!

気分も上々に5Fへと移動、屋根部まで覆われたガラス壁面が特徴の
浴場は解放感に溢れ、雄大に連なる蔵王連峰に「山形来たなー」と
感情が高まる、大浴場はワンフロアで、大浴槽、水風呂、露天が1列に
並ぶ温泉ホテルによく見る長方形のヤツ、ここでも水風呂はジャグジー
タイプで、サウナはL型2段、18人定員の遠赤低温仕様、室内は60℃と
ドアの開け閉めが繁盛だと気温はスグに50℃代に下がっちゃうのよね。

多分 自分が入ったサウナ史上 最も低い温度、見てくれは四方に張り
めぐされた電熱ヒーターがヤル気満々の面持ちなんだけど、ついてん
だか、ついてないんだか 分かんないぐらいの ゆるーい暖気が もあーん
と熱を伝えてくるだけで、当然ガツンとは来る由もなく… それでも

12分計がひと回りする頃にはジンワリ汗も出てきて、1Fとは又違った
冷え冷えの水風呂が、外気浴と相まってイー感じに仕上がりました。

日がな一日のんびりと過ごすには最適な施設、
羨ましいぞ 山形ケンミン!w ^^

yamagata_kitchen

冷やし鳥中華(980円)

夏の山形と言ったらコレ!w

続きを読む

  • サウナ温度 60℃
  • 水風呂温度 17℃

  • サウナ温度 60℃
  • 水風呂温度 17℃

共用

  • サウナ温度 94℃
  • 水風呂温度 19℃
50

UZIxxx

2023.03.19

1回目の訪問

さぁ 今年もサウナのベストシーズン 始まりましたよー!
これからも相変わらず月イチ位で ご新規を中心にゆるーっと
記していこうかなとオモチョります、更にHNも今回から"UZI"に
バーック! 引き続き東北のサウナ、盛り上げていきまっしょい!

さて、今シーズン1発目は仙台からだと2時間チョットの散歩道、
雪解けの48号を一路 山形へ爆走、市内を一望できる小高い丘の上の
ぽーにょぽーにょぽにょ「ヒルズサンピア山形」に向かいました。

最初そのネーミングから かんぽの宿的 保養施設みたいなトコ
なんかなーと思てたけど、ウン、あながち間違いじゃないみたいw

アピール満点「中桜田温泉」のゲートをくぐって浴場エリアへ、
場内はそこそこのワンフロアに大浴場/水風呂の大・小2つの浴槽と、
洗い場9席のシンプルな造り、温泉は無色透明、体に少しのヌメリが
纏わる塩化物泉系で、露天は無し、当日は週末だったにも関わらず、
お客さんは自分と併せ、終始2~3人のほぼ貸し切り状態。

サウナリテラシー啓蒙のデッカな立て看板を尻目にサウナへ、
「てか、えっ、アレ?!、火ぃ着いてなくない???」いやいやいや…
ウソ?、コレぬるくなーい?w、確かに入りは13:30だったけど
(13時からの営業)それにしても ぬる過ぎるよ、奥の方の足元なんか、
冷気すら感じるものw、温度計をみればヒーター近くは82度なん
だけど、中央付近は74度!(ホットヨガのスタジオかっ!www)

誰もいないのをいいことに30分、腕立て 腹筋の全身ストレッチを
敢行後、程よく汗ばんだとこで水風呂に向かえば、これまた ぬるい!
もうね、体感的には真夏の子供用ビニールプールの方がまだ冷たいw
あー、でも考えるに ご年配方の多いココのお客さんの層からして
まずまずなセッティングなんだろーなー…、て知らんけど ^^;

入室にはバスタ持参とか、水風呂は深めで10人は入れる大きさとか、
特徴的なスペックいつもは詳細に覚えておくんだけど、なんだかもー
どーでよくなっちゃったよ! まっコレはコレでって感じで、でも、

そんなサウナに3時間以上いる自分はやっぱヘンタイなんだろなーw

続きを読む

  • サウナ温度 82℃
  • 水風呂温度 20℃
35

UZIxxx

2022.11.09

1回目の訪問

秋色に染まる山形路を、ホーム仙台からクルマ飛ばすこと小一時間、
やってきました天童は村山地域が誇る名施設「天童最上川温泉 ゆぴあ」
ココは何度か来たことあるんだけど、サウイキ怒涛の初レビュー!

土・日・祝 関係なく350円という入泉料に たじろぎつも、その先には
新鮮な産直野菜や数々の加工品 等、豊富な商材が これでもかと並ぶ
販売コーナーはさながら山形 大物産市フェア(あっ 玉こん めっけ! )

広く明るい更衣室には鍵付きのロッカーあるにはあるんだけど、殆どの
人が使うのは脱衣カゴ、ま その辺のこたぁ あまりシビアにゃ考えない

浴場は長方形のスクエアチックな場内に全てが収まる機能的な造りで、
天井部から続く壁面の殆どがガラスで構成されてるもんだから、午後
に入ると差し込む眩いばかりの採光がとーてもマーベラス、露天の
岩風呂も通常店舗の3倍は あろうかと思われる程のデカさで 解放感
ハンパなく、コーナーに掛かる白テントのお屋根に「あー そうそう、
ゆぴあだ ゆぴあ」と記憶の一辺が蘇る。

サウナの入室にはバスタオル必携の山形スタイル、L型2段のベーシック
な造りながら 現在8名の入室制限中、座部はご丁寧に4等分にパーテー
ションされて、それはもう プライベートサウナかブルーインパルス
(上下2段の複座式コックピット)かっつーくらいの佇まい、
いざ行かん サウナの大空へ「SMOKE ON!!」しゅー--!

途中スタッフの お兄さんが「換気の為1分間ドア開閉しまーす」と
ドアを開けると、外気の侵入により体は通常の温度に戻ろうするん
だけど、ナゼだか室内の気温計が100度近くに上昇するという謎の
バックドラフト現象が発生!w

ハイハイ 水風呂 水風呂! スケールは2人も入れば一杯のコンパクト
仕様、スタットの効く掛け流しながら水温18℃~19度と決して冷たい
ワケじゃーない、ただナンでしょね、温泉同様、アタリが柔らかい
とでも言うのかな、ずーっと入ってられるこの心地良さ、
絶妙なコンビネーションに上質なととのいが見え隠れする、
そんな心地良さを感じたのでしたん。

のんびり過ごす事 3時間半、この後サウナ待ちに長蛇の列が出来始めた
こともあっていそいそと退室、手軽に利用できる料金、充実の設備等、
地域に根差した運営に高評価も納得! 温泉王国山形の面目躍如と
言ったところだぁーねー(^^♪

続きを読む

  • サウナ温度 98℃
  • 水風呂温度 19℃
68

UZIxxx

2022.10.13

1回目の訪問

芭蕉の湯

[ 山形県 ]

行ってきました、山形中心部界隈のスー銭の雄こと「芭蕉の湯」!
もう、外観からボロ…、あ いや、風情ある佇まいで、入り口のイベント
案内見てたら、タイルが欠けた階段の段差に思わず足を取られそうにw

中に入れば大広間のあるロビー兼イートスペースは広大で、券購入後、
いそいそとロッカールームに進入、謎の「足つぼスペース」を横目に
浴室に入れば左手に3種混同の大浴槽、右方に洗い場、アカスリ
コーナーを経て左方に露天、その最奥角にサウナといったレイアウト。

剥がれかけた最上川流域を赤く染める紅葉のカッティングシート、
補修に補習を重ねたフロア、一度開けたらアケッパのドアと、ここでも
ボロ…じゃなかった、歩まれてきた歴史に感慨も一入でございます。

「おろっ、氷の入ったクーラーボックスがある!」トーホクでは珍しい
配慮だね、1つ 口に頬張ってドアを開けると広い室内にビックリ!
暗めで落ち着いた雰囲気の3段ストレート型の場内にはフロア部まで
ビッシリとタオルマットが敷き詰められ、その数なんと45枚!
壮観だなーと奥に入ると「ギシッ!」て、な、なんだよ!
「コレ、床が抜け掛けてる カモフラージュかーーーい!」www

上段では黙浴どこ吹く風のお父さん方が今期のクライマックスシリーズ
について熱いトークセッションを開催中、TVの黄門様が正体を明かす頃
を見計らい露天へGO! 水風呂は外のにあるタイプ、これまた珍しい。

でそこにはコチラのウリである「カルシウム温泉」の発生装置が駆動
する浴槽がある。 但し書き看板を読んでみると、北海道の有名温泉地
にある泉質を模したそうで、なんでも、手負いのクマを追った猟師が
その傷を癒してるところを発見したのが始まりとあるんだけど…
なんだか ウソくせー! あははははwww ^^;

(どーでもいいことんだけど…)ココのロッカーのキーカバー、
よくあるゴムのじゃなくて硬いプラ製なもんだから手首を動かす
たんびにカチャカチャとウルサいの、じゃーってんで足首に付けると
今度は歩くたんびにかカチャカチャカチャカチャと…www💦

施設が老朽してるわりには中々の好印象な施設、これもサウナへの
取り組みが真摯であるからに他ならないんでしょうね、上位ランクの
人気を誇るのも納得! 次回はレモン風呂でのんびりと山形を満喫する
とでも致しやしょうか、体撫でる10月の風が涼しくなってきましたね。

続きを読む

  • サウナ温度 92℃
  • 水風呂温度 17℃
79

UZIxxx

2022.09.11

1回目の訪問

9月も中頃とはいえ、今なお 暑い山形は 寒河江、
道路挟んで向かいの施設でラ・フランスジェラート嗜みつ、今回は
「寒河江花咲か温泉 ゆ~チェリー」に さんきゅーチェリーマッチ!

道の駅の産直コーナーを彷彿させるロビー界隈を眺めつつ、
吸い込まれるように更衣室へ、足を踏み入れると仄かに漂う硫黄臭の中
コレと言って特徴がある浴場ってワケじゃないんだけど広大なガラス壁
高ーい天井と解放感抜群!

なんつってもココの売りは3種の異なる泉質による源泉掛け流し温泉!
コレが上手いこと金・銀・銅の泉色に分かれてて、大地の恵みから
くる湯治効果を期待せずにはいられないの、では 肝心のサウナに
フェードイーン!

「あ、低温と高温2つある!」じゃーてんで最初は低温で肩慣らし
(因みにサ室の入室にはマットではなくバスタオルを持参せよ
との注意書き! このタイプ 山形に多いよね、^^;)

「室温68℃ 1段ストレート型 詰め込んで7名」コレが低温のスペック
座/背部とも最近リニューアルしたのかな? とてもキレイ、いつもの
ルーティンでじんわり15分、最初「ぬるっ」って思ったんだけど
意外に汗出たねー、さて、水風呂 休憩を挟んで高温にチャレンジ!

こちらは「88℃ ストレートの2段 8人」と言ったところ、実のところ
大きさ自体は低温室とあまり変わらず、オンオフを繰り返すストーブ
のせいもあってか高温とはいえマイルドな入り心地、天候、体調等、
その日のコンディションに照らし合わせ賢く入浴致しやしょう。

◆残念ポイント あえて言うなら「水風呂」かな、そこまで冷たいワケ
でもなく、入って2人の大きさかつ、深度ヒザ下という子供プール並み
のスケール、肩まで浸かろうと お尻を前にずらすと、今度は膝コゾー
が出ちゃうの!w

更に休憩用のチェアーは腰高な洗浄イスが3脚と併せ、高齢者用の
持ち手が付いたヤツ1つのみ、しゃーない、露天にゴロンといきますか
と表に出たらコレがまた絶景かな、連なる蔵王連峰の麓、滔々と流れる
最上川の流域に紅に染まる田園から織りなす初秋の涼やかな風、時折り
ふわりと身体を掠めては爽快に通り過ぎていく…「キモティA~」^0^;

それでは万感の思いを胸に、アタクシ ケロリンが切々と歌います!

「♪ゆ~ゆ~チェリチェリ仲間
 チョイと来て見やしゃんせ(コリャセ)」~っとwww

続きを読む

  • サウナ温度 68℃,88℃
  • 水風呂温度 18℃
71

UZIxxx

2022.08.22

1回目の訪問

ひづめゆ

[ 岩手県 ]

仙台方面からだと盛岡に向かって国道4号を北上、1つ手前の
紫波町 旧紫波町役場後に この7月にオープンした「ひづめゆ」
行ってきましたよー!

入ればもう下駄箱の意匠が古の銭湯を彷彿させる、クラシカルな木製
仕様! 金属製の松竹錠が泣かせるじゃない、キーホルダーにしたいw

更衣室に入ると よくホムセンなんかにあるプラ製コンテナが衣装ケース
になってて、(しかもコレ「ひづめゆ」さんのオリジナル(ロゴマーク
入り!))鏡台といい サ室 横のタオル掛けといい、全体から発散させ
られる朴訥とした雰囲気は、自然をテーマとするサウナにバッチシの
フィーリングぅ! 浴場自体は決して大きいものではなく、長方形の
スペースの手前が洗い場で、その奥に炭酸泉の浴槽、これだけ…w ^^;

カランなんて6基しかないし、大型のスー銭なんかに慣れてると、
「あらま、ちっちゃ!」て思うかもしれない、でも浴室内を見渡せば
グレーのタイルと外気浴スペースの軽く焼きが入った木材との対比も
見事で、正に小さくてもシンプルでも良質な空間を生み出すことは
可能だということを示した見本の様な施設、さてサウナを頂きますよ!

ハイハイ、期待を裏切らない設備の数々、レイアウト自体はL型2段と
珍しいものではないんだけど、天井に照明は無く、座席下と壁面から
ぼんやりと照らされた灯りのみの落ち着いた造りで、フロアほぼ中央に
セルフロウリュウできるHARVIAのストーブがドーン! ではと、
同席者の皆さんに許可を頂き、長いラドルで「じゅじゅじゅじゅ~」

濛々とした熱波が部屋中に循環すれば、すかさず回したタオルにより
唯でさえ100度越えの室内はマックスへ「うわー、熱波師さんみたい」
若者が隣席の友達に呟く、すかさずワタシ、「えー本日 仙台からやって
参りました‘エクセレント・ケロリン’と申します、それではこれから
皆さんに熱い熱波をお届け致します!」とご挨拶、場内「イエーっ!」
(黙浴推奨の中 小声ね^^;)と失笑交じりの盛り上がりを見せる中、
更にブンブンと振り回す(いや、流石に1人1人にはしないけどw ^^;)
得てして若人の団体ってばくっだらない話の応戦で 喧しく思う時も
あるけど、こーゆー時の彼等のノリはありがたい「さんきゅーー!」w

深度140cmの水風呂を満喫した後、上手に採光を取り入れた
外気浴スペースへ、見上げた筋交いに止まる幸せのトンボが
「ほら、舌を出して笑ってらあ~♪」 w   

※追記:我が母校「仙台育英」の栄光に心からの祝福を🎉

続きを読む

  • サウナ温度 105℃
  • 水風呂温度 18℃
76

UZIxxx

2022.08.06

1回目の訪問

久慈サウナ

[ 岩手県 ]

「久慈だよ! 全員集合ーっ!!」
♪ちゃーちゃらちゃっちゃー ちゃっちゃっちゃー
行ってーきました「久慈サウナ」!(^^)!

えーっと、ココでいいのかな? ロンドンの古アパートを思わせる産業
遺産的エレベーターでガタゴトと4Fへ、「軽食看板」に一礼二拍手後、
チケを手前のクリアBOXに投入しフロアに入室、マッパのオッチャンが
タオルで股間をパンパンしながらウロチョロする姿にたじろぎつつも、
まずは駆けつけ一杯、冷蔵ケースのセルフ麦茶でココロ落ち着かす。
「かぁ~っ、キンキンに冷えてやがる…!」^^;

とはいえ、何分 初めての久慈サウナ、掛けてあるガウンも~
鍵付きのロッカあもぉ~ どーうやって使えば いいか
分かぁーらーない~♪ と″島人ぬ宝″のフレーズが頭をよぎる中、
つーか、まず、誰もいない… こんな事ってある???^^;
マ マズい、これでは一見さんがバレてしまう!(あたふた…w)

ドギマギしながらガラス戸を開けると、フロアの大体 半分が
浴槽と洗い場に分かれてる、3分割された浴槽部には中央に
謎のスペースがあって(イス2脚が置いてある)それを挟んで
お湯と水風呂があるんだけど どの浴槽のヘリも微妙に高く
「よっこらしょーいっつぁん」つって入湯(ワタシだけだな^^;)、
しかも浴槽を含む全ての床面がなんだか ぐにゃぐにゃしてて、
入って2分、もう既に ととのいの万華鏡が回り始める。www

換気の為、少しばかり開いてる窓から、真下の駐車場に帰宅途中の
女子高生が見えて あわてて姿を隠す(あわわ💦)今にも落ちてきそう
なスポットライト、機能しなさそうな非常ベル…(エ、エモいね、)
姿を消しつつある あの頃の駅前サウナの体を今に残す風情に
嬉しさが止まらない、「あー 来て よかっったー!!」(^0^)

サ室は意外と大きく並列3段タイプ、マット換算で最大12名は
入れそう、最上段からはガクンと高くなるんで、その熱量も
ハンパなく、5分と入ってらんないの、88度を指す室温計は
ビタリとも動かないんだけど、後から聞いたら120度はあるとのこと、
とんだハッピーメーターだ!www

水風呂は足の甲のシビレ具合から15度以下と判別
(実のとこ12度くらいだって!)6人は入れそうなスケール、
膝上10cmの深度、地下水ドバドバ系、完璧っ! 

いやー 久々に硬派なサウナに入れたことに満々満足!
でも最後に分からないことが1つ… サ室のTVんトコに
「サウナの設定をかえないで下さい。」って表記が
あるんだけどね、ソレ、どうやって変えるの???(^^;

続きを読む

  • サウナ温度 88℃
  • 水風呂温度 15℃
83

UZIxxx

2022.07.29

1回目の訪問

鹿狼の湯

[ 福島県 ]

宮城から1番近い福島 相馬市は「新地町」
新地と言えば沿岸部の雄を「つるしの湯」とするので
あれば、差し詰め山間部はココ「鹿狼(かろう)の湯」

当初「狼狽(ろうばい)の湯」と ナゼだか勝手に思い込んじゃってて、
何をそんなに うろたえてんのよと、不思議で仕方なかったんだけど ^^;
んなこた さておき、うんとこしょ、登ってきました「鹿狼山」!

入り口付近、カウンターのオバちゃんと お客のオッちゃんが仲良く
談笑する ほんわかムードの間を縫って浴場に入ると、目に飛び込んで
きたのは、それはもう見事な紋々を全身に纏った兄さん衆5~6人。

今日びの`タトゥー`なんて可愛らしいもんじゃなく、
「水風呂に入る時ゃあ 汗 流さんかーいっ!」と言わんばかりに、
紅蓮の炎に包まれ睨みを利かす お不動さん のバックプリントに、
思わずドリフのサウナコントが脳裏を掠め、必死に笑いを噛み殺すw
いやー あんな和テイスト 最近お祭りでも見ないや、と思いつ、
楽し気に湯あみする お姿は、むしろ清々しさすら感じるほどw ^^;

サ室は 8人定員90度とまずまずのセッティング、おそらく この先も
リペアする気は ないんだろうなと思わせる経年変化をヒシと感じつ、
ターンさせた砂時計の上半分が空になるのを見届けて水風呂へ…

「て ぬるっ!」w 勢いよく注ぎ込まれる掛け流しの水も空しく、
キリリとした冷水感は皆無で、シャワーの方がむしろ冷たくて
気持ちいがイイの、でも満々と湛えた水が入浴と共に ざばーん と
フロアに溢れかえる快感は何事にも代えがたいのよね。

さて、こうなりゃ外気浴で のんびり涼ましてもらいましょうやと
露天に出たら、コレがあーた、ビックリ くりくり 東海道中膝栗毛!

( ゚Д゚)「な ナニ この下界を見下ろすかの見事な眺望!…」

確かに山の頂にあるから眺めがイイとは予想してたけど、
すぐ下のバラ園(?)から鬱蒼とした森が続いた後、高速にSA、
果ては遥か遠く発電所越しに海まで見えて、普通目隠しになる
柵なんか遥か足元の下にあるもんだから、調子に乗って
あんまり前に出ちゃうと、ココへと続く侵入ルートを通る
車からも丸見えになっちゃう始末w

この外気浴の為だけに入浴料660円払ってもイイと
思うくらいの爽快感に、露天にせめて1個 手桶が欲しいとか、
湯船に明らかに温泉成分以外の何かが結構浮かんでるとか、
ちーさいことなど気にならなくなる程でした!

ワカチコ ワカチコ!w

続きを読む

  • サウナ温度 90℃
  • 水風呂温度 19℃
64

UZIxxx

2022.07.23

1回目の訪問

岩手におけるダムカードの受領方法は、実際に現地に行って写真に
収めてくる てのが多く、中には一緒に写ること(自撮りね)が条件
なんてのもあって、ズルはできないの。^^; 「衣川1号ダム」も
そうなんだけど、受け取りは よくある庁舎とかの担当課ではなく、
ココ「はごろもの湯」、そのつもりは無かったんだけど、サウナが
あると聞いちゃ入らないワケには いかないデショってんで、
予定外の入浴で ごぜーやす。

建物は外観からしてデカイんだけど、入ると長々と廊下が続き、
幾つもの休憩室を経た最奥部には学校の体育館を思わせるステージが
特徴の大広間がどーん! 併設のイートスペースは、お腹空いてたら
爆食い必至のメニューが充実、冬期はスキー客の利用なんかで
賑わうんだろね きっと。

さて、浴場はと言えば広さは ほどほど、2つの内風呂と3つの露天風呂
全ての浴槽には これでもかの お湯が隆々と注ぎ込まれる様に圧倒!
肝心のサウナは経年による建付けの悪化でドアがきちんと閉まらない、
いーの いーの。

様式は 並列2段式で、詰めて6人、室温キッカリ90度、時計は回転式の
砂時計が1つ、いーの いーの(5分計なんで12分が計り辛いけど…^^;)

露天に出るとチェアが無い、
いーのいーの その辺にタオル敷いて涼むから

片隅に ちっこい水風呂があって、水温は温かさえ感じる20度前後、
これまた いーの いーの、 あー なんて体に優しい柔らかさ…、
(いや、流石にコレは良くないデショーよ!w)

水風呂にはワンプッシュ式のカランが付いてるんで長押しするん
だけど、この水自体がもう既に温かいんで、いくら掛け流しても
冷たくなるワケがないのw(見てたら常連さん、タオルでボタンを
引っ張って押し込みを固定してた、アタマいー!^^;)

でも、こーゆー立ち寄り湯の存在て嬉しいよね、特に今時分、かいた
汗を流しに ひとっ風呂なんて、ありがたい以外の何物でもないもの。

利用客はご近所のジサマ バサマ連中が中心で、畑仕事が一段落しての
癒しに通われてる ご様子、入浴後は畳敷きの大広間でポカリ片手に
座布団2つ折りにして大の字でゴロン、時折り頬を撫でる涼風に、
なーんかもーどーでも よくなっちゃうわー と大往生、青葉茂れる山々の
木々と紫陽花のムラサキに目が喜ぶ、そんな感じの昼下がりでしたん。

続きを読む

  • サウナ温度 90℃
  • 水風呂温度 20℃
69

UZIxxx

2022.07.10

1回目の訪問

市内中心部のミッフィー カフェで お茶の後、一路クルマを観音様へ、
目指したのは途中、小高い山のテッペンにある「ホテルシーガリア
マリン」釜石で隋一とも言われる、日帰り温泉サウナを備えた老舗
ホテルに、7月最初の週末 おジャマしました。

一目見た感じでは有名温泉街で見かける廃墟ホテルのような佇まい感も
あるっちゃあるんだけど、で、でもね、古いと汚いは違うんだかんね!
パンフの書き出しにも「当館は古いお宿ではございますが…」との記載
もあり(自分でも分かってる辺りに好感が持てたりしてw)ペットとの
同室宿泊を推奨してたりと、他社との差別化で成功してるんかもね。

受付後、浴場に入ると目に飛び込んでくるのが、何やらチムジルバン
(韓国サウナ)の様な大きな窯風呂、中を覗いたら小砂利が敷き詰め
られた岩盤浴みたい、ま ソレはいいんだけど正面外壁部に埋め込ま
れた老師の顔面がデビルマンのデーモン族を彷彿させるかのようで
コ コワいよ^^; (入室には別料金で専用の衣料/タオルが必要なんで、
ま、時間がある時にでもね。)

浴室は全面タイル張りで端っこに積まれた岩々の意匠や、インダスト
リアル感強めの剥き出しのパイプに工業用蛇口のオレンジのハンドル、
更には 導入した人工温泉を やたら推してくる手書きのPOP等、
数々の昭和丸出しなテイストに軽ーく ノックアウト!w

サ室はと言えば、並列2段式8人MAXの程よいスケールで座部の
ストロークも十分だで余裕で胡坐もかけちゃう、所々経年による
劣化部はあるものの、ウン、コレはいいサウナだ、古くても、
狭くても十分十分、上段が この上なく熱かったんで何気に室温計
見たらまさかの100度越え(102度!) いや、アチーはずだわ!w

一段高い所にある水風呂は、コンパクトながら蛇口からザンザの
水道水掛けっぱなしで、水温も17度いくか いかないかのイイ感じ、
更に深度は体育座りでアゴひたになる位のこれまたベストポジション!
露天は無いんだけど(昔あった?)浴場内にある2脚のチェアで
のんびりクールダウン、その後、大広間の休憩室で`たれぱんだ`宜しく
ぐたーっと 伸びきりました。w

震災以降、釜石は観光面において かなり力を入れてて、ちゃんと
結果も出てるし評価も高い、全国からのお客様も歓迎ムード一色、
気さくな人たちと歴史ロマン溢れる港町は見事な復興を果たした。

流石は「鉄の街」市民がガッチリと組んだスクラムは硬くて強い!(^^♪

続きを読む

  • サウナ温度 102℃
  • 水風呂温度 17℃
63