対象:男女

Kulttuuri Sauna

イキタイ
7

オーロラ輝子

2019.12.08

1回目の訪問

ヘルシンキの中心部からトラムに乗って、少し歩くと到着します。
入り口を入ると、英語でシステムを説明してくれます。
ご家族でやられているのか、奥様は日本の方のようでした。

サウナシートを受け取り、ロッカー室に入り着替えたところで、周りの人たちはタオルや水着を壁の釘に引っ掛けていたので、自分も真似しました。
隣のシャワー室を体を洗い、さらに隣のサウナ室に入ります。

こちらのサウナは、かなり地元率が高いようで、その時間は観光客は自分だけでした。
階段状の最上段にみな座るのですが、途中に長い柄杓が立てかけてあり、それでロウリュを行いようでした。
程よいタイミングで主っぽい人がロウリュをしていたり、遠い席から「ロウリュをしてくれ!」みたいな声(フィンランド語で)をかけたりしていました。
近くにいる人がやるみたいなので、私もあえて端に座って、やってみました。
ストーブ上方の中心の穴に水を入れるのですが、結構重くて緊張しました。

だいぶ温まったところで、シャワーを浴びて水着に着替えて、中庭に出ます。
そのまま海に降りるはしごがあるのでそこで、一気にクールダウンできます。

受付にはコップがおいてあるので、それで水を飲むこともできます。
帰りはロッカーのカギを受け付け横のお皿の中に入れて帰ればいいそうです。

地元感のある施設ですが、割りと若い人たちも多かったです。ストイックにサウナを味わいたい方には非常におすすめかと思います。

続きを読む
1

しばばばば

2019.09.20

1回目の訪問

チェックイン

続きを読む

たくや

2019.08.15

1回目の訪問

フィンランド・サウナ旅、いよいよローカルの人が利用する施設へやって来ました。


#サウナ室
12人ぐらい座れる広めのサウナ室。1段目、2段目はコンクリートの階段で、天井近くの最上段にのみ座るようになっています。もちろんセルフロウリュ可。ここは客層が地元の人ばかりで、みんな積極的にロウリュをするので体感温度は高めです。ロウリュはサウナストーンが剥き出しになっておらず、サウナストーブの鉄の囲いの上部にある小さな穴からゆっくりと水を流し込みます。そうすると、じんわりと熱気が室内に充満して芯から温まります。不思議な仕様でした。

#水風呂
バルト海に飛び込めます。サウナ室は水着不可なのに対して、逆にバルト海は水着が必須。水風呂までに水着を着るタイムラグが挟まるので導線はやや悪めです。ただ、それを差し置いても広大な海に飛び込める開放感は半端ないです。水温は8月時点で約20度でした(受付で「水着はあるのか?」と聞かれ、Yesと答えると水温を教えてくれます)。深さは海への階段付近は160cmぐらい、少し離れると大人の男性でも足はつきません。僕は階段付近でゆっくり浸かっていましたが、結構遠くまで泳いでいる人もそこそこいます。
サウナ室は男女別ですが、海は混浴です。なので男女で行っても一緒に楽しめます。

#休憩スペース
室外・室内にそれぞれ休憩スペースがあります。特にお薦めなのは外気浴。バルト海を眺めながら、心地よい風に吹かれての休憩は堪りません。長めのベンチが2つありますが、水着を着ているので、芝生の上には座ったり、木の棒?の上に座ったりと、みんな自由に休憩しています。潤沢にスペースがあるので、混んでいても詰まることはまずないと思います。


ここのサウナの一番の印象は、サウナが社交の場になっていることでした。サウナ室の中でもみんな結構話していますし、たまにこちらにも話しかけてくる人もいます。日本のサウナ事情に興味を持つ人もいたりして、交流を楽しみつつ、そして整いつつと、非常に素晴らしい体験をさせてもらいました。

続きを読む
52

サウナウサギ

2019.07.18

1回目の訪問

続きを読む
4
更新履歴
WANTED

未入力施設のサウナ情報募集中

残り900施設

  • サウナーリンク集
  • サウナイキタイSTORE
  • 水曜サ活