対象:男女

ドシー恵比寿

東京都 渋谷区

イキタイ
116

まるも

2019.05.22

1回目の訪問

チェックイン

続きを読む

ドナドナ(ドナ山ドナ太朗)

2019.05.15

1回目の訪問

今夜もドシーでフラッシュダンス。

冬場は氷のように冷たかったウォームピラーアンビエント(常温)も、遂に20度ぐらいになっちゃったということで、いよいよ夏に向かっているなあと俳句のような季節の移り変わりをしみじみと感じてますの。それが季節感なんてまったくないこのドシーの独特の空間というのもたまんない。

だってここは80年代のB級ホラー映画を観てたら、ボストンフレームのメガネをかけたちょいデブゲームオタクの青年が、冒頭真っ先に部活の後のシャワー室で殺される役を自分がやらされてしまったようなシュチュエーションの中にトリップしてしまう感を彷彿させるめちゃくちゃ無機質なドシー浴室館内ですよ。

それを「トトノッター」しながら噛み締めていられる今宵の深夜は、いつもよりフォーリンラングエッジのお客様多めで更に不思議感満載。

気を利かせたスタッフさんがセルフロウリュ用の桶にミント液をがっつり入れてくれたので、今夜のロウリュは爽快ですよーっと。

そいえば、ウォームピラーと呼ばれる途切れない柱状の水が脳天からつたい身体を包みこむというやつなんだけど、火照った身体を脳天から冷やすってのはありがたいんだけれども、「身体を包み込む」ってのはなかなか難しいんですよね。

4基あるウォームピラーのなかでもアンビエントだけがまあまあ包み込む感があるんだけど吐水口の広さが違うのかな。ということでアンビエントの吐水口からの水だけは正義! ふんわりしっとり身体を覆う。

だからアンビエントの吐水口を別名にしてみれば「天使の肛門」って感じなのさっ!
シャラララ〜♪

続きを読む
23

あま美

2019.05.12

1回目の訪問

昨日の緑あふれる自然の中でのサウナとはうって変わって、本日は都会のど真ん中、ドシー恵比寿さんに初訪問。

水風呂(湯船も)がないのに有名ということは、きっと魅力があるはず。
独特の雰囲気を醸し出している「ウォームピラー」や余分な装飾を一切排除したスタイリッシュな空間にまずテンションが上がります。

◼️サウナ
上からの照明なし、足元からの間接照明の落ち着く空間。
テレビはおろか、BGM、サウナ時計もない中あれだけ広い空間を一人でセルフロウリュしながら過ごせました。最高の贅沢。
気持ちも若干フィンランド人に。
もともと熱いサウナ室がロウリュでより高温になるも、ミントの香りで爽やかな清涼感が得られました。

◼️ウォームピラー
温度がそれぞれ異なる5種類のピラー。
水風呂での潜水はなかなか出来ないので、脳天から冷やせるのは新感覚。
滝行を頭に浮かべながら無の境地で30秒。
足元を冷やそうとピラーの後シャワーブースへ行き、水シャワーで体を満遍なく冷やすを繰り返し5セット。
段々仕組みに慣れ始めてきた3セット目、ベンチに座るとふと、ととのいが。

なんと言ってもドシーオリジナルのシャンプー、コンディショナー、ボディーソープが超いい香り!
爽やかなミントをメインにした香りでスッキリ!

苦手だった水シャワーにも、少し耐性がつきました。
色々個性的と思えるサウナでしたが、こちらで拝見したサ活で予習させて頂いたおかげで、あまり戸惑わずにとても楽しむことが出来ました!!

ゆっくり過ごしてと言うよりは、短時間でリフレッシュすることが出来るサウナ。

サウナはやればやるほど奥が深い…。
良い経験をさせていただきました。

  • 90℃
続きを読む
47

イルハツ

2019.04.24

2回目の訪問

チェックイン

続きを読む

のりおサウナ

2019.04.23

12回目の訪問

ドシー恵比寿に着弾。

ここには珍しく12分時計がない。
いや、おそらくそんなものないほうが本場では普通なのだろう。蒸され熱くなり耐えられなくなったら水風呂に入り(ここは水風呂ちゃうけどな)、そして休憩して心ゆくまであの恍惚感を味わう。
そう、自然の中を疲れきるまで走りまわり、そして木陰で昼寝するかのように。

わかっちゃいるが、1時間という制限時間を無視して過ごすわけにはいかんし、己のコンディションチェックのためにもやはり時計はほしいところ。始業、訪問、締切、期限、と時間に追われ生きるサラリーマンにおいて時間の概念を無くすことは死を意味する。時計はコンクリートジャングルでサバイブするための必需品と言えるだろう。

ということで、同僚に教えてもらったサウナで使える時計(メーカーはそんなこと言うてへんけど)、チプカシを今回初トライ。

時計をすることで、このドシーの不思議な現象に気づいた。大概のサウナでは8分は入るんやけど、このドシーでは1セット目は8分いけたが、2.3セットは6分くらいで限界がきた。おそらく水風呂がないから、体の熱を放出しきれない状態で、サウナ室に入るからではなかろうか。

また、腕時計があることで休憩しすぎることもなくなるのがいい。1時間というタイトなコースでは後半慌てることになりがちなのでこれは助かる。

ちなみにアダムアンドイブも時計がないのでこのチプカシが活躍することになるやろな。砂時計の奪い合いしたないし。

  • 97℃
続きを読む
14
登録者:長谷川賢人
更新履歴
WANTED

未入力施設のサウナ情報募集中

残り1,690施設

  • サウナーリンク集
  • サウナイキタイSTORE
  • 水曜サ活